フリバカ日記

フライングディスク記録会レポ Final

---------- 再開 -----------
今回の記録会では、勉強させてもらうことが多かった。
NEOママから写真をもらったのだが、自分のフォームの汚いこと…。
今一度、フォームを見直し、矯正する必要があると気づかされました。
確かに、フォームについては、いまいちしっくり来てなかったので、写真とかを見て、どこが悪いか見えました。(NEOママ、ありがとうございますm(__)m)
ここらで、自分の事は終わり。
この日、もっとも輝いていたのは、(少なくとも、僕にはそう見えた)SHIN君
無風の中での”MTA”で8秒台。
”ディスタンス”においては、「152.25m!」\(◎o◎)/!
(*^ ^)/。・:*:・°'★,。・:*:・°'☆ Congratulations
肉体的には、まだまだ成長期なので、成熟期を迎える頃には、「どこまで記録が伸びるのか?」期待は膨らむ一方である。(☆∀☆)キラリン
一柳さんに至っては、肘を故障しているにもかかわらず、昼から吹き始めた絶好の風に体が反応して、これまた、僕の度肝を抜くロングスロー。
故障してなかったら、一体どこまで飛ぶんだろうか???
凄すぎる( ゚Д゚)ポカーン!
そんなこんなで、暑さとの戦いとなった記録会は終了。
一日、楽しく熱くなりました(^_^)
一柳さん・リンク父・すみれパパ・NEOママ・SHIN君、一日ありがとうございました。また、みんなで、参加しましょうね!!

記録会を終えて感じたことは、犬の身体能力の高さと偉大さ。
昨日も書いたが、「TRC」という競技は、自分で投げたディスクをいかに遠くで、己でキャッチするかというもの。人間版のディスタンス競技である。
全力で走りながらのキャッチが、どれほど難しいのか。1分間全力で走り続ける事がどれほど大変なのか。身をもって体験できるので、ディスクドッグプレーヤーの皆さん、一度やってみてください。きっと、パートナー犬への接し方が変わるんじゃないかな…。

【番外編】
結局、丸一日、炎天下にさらされた、楓父は、想像を絶する日焼けをしました。
それでなくても、日焼けしやすい体質で、他の誰よりも、赤黒くなっていたと思います。案の定、風呂に入った時、悲鳴をあげたのは言うまでもありません(´;ω;`)ウッ…
[PR]
by diskfool | 2007-06-20 23:31 | 競技
<< 久しぶりに登場 フライングディスク記録会レポ ... >>